オーステナイト系とは

うちのブログのタイトルにもなっている
オーステナイト系とは何かについて書いてみます。

よくきかれるので。
正直僕もよくわかってませんが頑張ります。


まず、オーステナイト系とは、
ステンレス鋼を、鋼中に含まれる金属成分(クロムやニッケルなどの含有量)
によって分類した区分けの一つです。

ちなみに他には、マルテンサイト系やフェライト系などがあります。

その中でもオーステナイト系は、最も延性に富んだもので
耐食性、溶接性、加工性などに優れた性質を持っていて、
あと、基本的に非磁性です。

つまり溶接や加工がしやすいので作る側にも扱いやすく、
磁石にくっつかず、錆びにくいので使う側にも非常に勝手のいい素材になってます。


また、その中でも、代表的なものは、
クロム18%ニッケル8%を含有した「18-8ステンレス」と呼ばれるもので
非常に使い勝手がよく、鉄道車両やいろんなところで使われ
最もステンレスの中でポピュラーなかんじです。

18-8ステンレス使ってます、って表記しとけば
とりあえず安心みたいな感じで。
ちなみにうちの商品も18-8ステンレスを使用しています。
まあ、用途によりはしますので
一概にいいとは言えませんが。


まあ、つまり
オーステナイト系とは
「一般的に一番よく使われているステンレスの種類」
って感じでいいと思います。

間違ってたらまた誰か教えてください。

以上、第4回ステンレスプチ知識講座でした。

ステンレスインテリア・生活雑貨のオンラインショップ 「ステンレスインテリア工房 藤本製作所」


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック